アクセサリーのお手入れ

クリスタルアクセサリーのお手入れ方法

クリスタルアクセサリーに汗やほこりなどが付いたときは、柔らかいコットンで拭き取ってから収納すると劣化を防ぐことができます。ご使用後にこまめにお手入れすることが長持ちさせる秘訣です。


クリスタルは、通常のガラスにくらべて透明度と輝きにすぐれていますをが、そのぶんデリケートです。硬い布やティッシュで拭くと、クリスタル表面を傷つけることがありますので、おすすめできません。


汚れてしまった場合、もうかつての輝きを取り戻せないのでしょうか? いいえ、そんなことはありません。正しいお手入れ方法をお教えしましょう。ただし、パールジュエリーを除きます。パールに水気は禁物! また、酸にも弱いので注意が必要です。お間違えなく!


用意していただくのは、ぬるま湯、固形石鹸(お洗濯や台所用の液体洗剤はおすすめできません)、赤ちゃん用の柔らかい歯ブラシ、柔らかいコットンクロス(乾いたもの)、ジュエリーお手入れ用クロス、ペーパータオル、そしてドライヤー。


さあ、始めましょう! まず、歯ブラシをぬるま湯にひたしてから固形石鹸の泡をつけ、汚れた部分を「やさしく」ブラッシングしてください。そのあと、ジュエリーについた石鹸分をきれいなぬるま湯でよく洗い流します。シンクで洗うときは栓かネットを絶対にお忘れなく!


コットンでジュエリーの水気を軽く拭ってからペーパータオルの上に置き、ドライヤーを冷風にし、ジュエリーやペーパータオルが吹き飛ばされない程度の風量でよく乾燥させます。最後にジュエリーお手入れ用クロスで軽く磨くと輝きがよみがえります。


シルバー(およびシルバーコーティング)アクセサリーのお手入れ方法

柔らかいクロスでやさしく磨いてお手入れしてください。ただし、ほとんどの銀製品お手入れ用クロスは研磨剤を含んでいますので、磨きすぎにご注意! 光沢のある金属表面は磨き傷が付くこともありますので、特に要注意です。


シルバーは時間が経つと空気と反応して大なり小なり黒ずんできます(それがシルバーの証)。そのような場合、市販の液体シルバークリーナーに 10 秒位浸してから水道水でよく洗うと、見違えるほどきれいになります。ただし、かならずご使用前にクリーナーの使用方法と注意事項をお読みください。洗ったあとは柔らかい布でよく水気を取り、空気中で乾かしてください。


ゴールド(およびゴールドコーティング)アクセサリーのお手入れ方法

柔らかいコットンクロスでやさしく磨いてお手入れしてください。なお、銀製品お手入れ用クロスや化学処理した布は絶対に使用しないでください(ほとんどの場合研磨剤を含んでいますので、ゴールドの被膜が摩滅して地金が出てしまうことがあります)。


チェーン部分など磨きにくい個所は、ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、やさしく洗ってください。そのあと柔らかく吸水性のよい布で水気を拭き取り、ドライヤの冷風で乾燥させてください。


ブロンズおよびカッパーアクセサリーのお手入れ方法

メタル表面が黒ずんでしまったときは、浅いプラスチックタッパーのような容器に、食用酢と、同量の水を入れてよく混ぜ、アクセサリーを約 30 秒間浸します。そのあとクリスタルアクセサリーのお手入れ方法と同様に、水でよく洗ったあと乾燥させてください。